合宿免許に参加する際に必要なもの

合宿免許とは、自動車教習所やホテルなどに泊まりこみながら運転に関する勉強や実技を行い、短い期間で運転免許の取得を目指す方法です。


短期間に集中して行うことで料金も安く済ませられ、覚えた知識や技術を忘れないうちに試験に臨めるのでおすすめです。
この合宿免許、一度始まってしまえば忙しくてなかなか家には帰れないので、忘れ物が無いよう注意が必要です。

まず必要なものは、教習所に提出する入校用の書類や教科書などです。

これを忘れると参加することさえできなくなるので、出発前に必ず確認するようにしましょう。

筆記用具も必須となるので、シャーペンだけでなくマーカーやボールペンなど一通り揃えておくようにしましょう。



次に大切なのが、日常生活を送るうえで必要な荷物です。

服やパジャマ、靴やお風呂道具、化粧品や携帯電話の充電器など、普段使用するものは忘れないようにチェックリストなどを作っておくのが良いでしょう。
眼鏡を時々使用する、という人も運転時には必要となることが多いので、これも持っていきましょう。

合宿免許に参加するのに必須なのは上記のものですが、それ以外にもあったら良いものもいくつかあります。

風邪薬や頭痛薬など普段使用している医薬品、空き時間に暇つぶしとなる本やゲーム、小腹がすいたときのためのお菓子類など、ちょっとしたものもあると便利です。



合宿免許はほとんどのケースで約2週間程度はかかるので、それに見合う荷物を持っていきましょう。